ミネラル

ミネラルが不足すると足がつりやすい

普段鍛えている人でもミネラル減退注意が必要

こむら返りは簡単に言えば「足がつる」という事で、ある程度の大人であればほとんどの人が経験した事のある症状なのではないでしょうか。

普段運動をしていない人が急に運動をして足に負担を掛けたり、ミネラルは立ち仕事で長時間足の筋肉を使っている人などに多くみられる症状ですが、年齢を重ねるとこうした普段と違う動きがなかったとしても起こる事が増えてきます。

足を反らすなどして応急処置をしている人がほとんどでしょう。

こむら返りというものの存在は分かっていても、病気ではないので軽視してしまい、その原因にまでは目を向けていないという人が多いのではないでしょうか。

しかし、これは身体の中で何等かの異常事態が起こっているわけですから正しい知識を持ってミネラルで予防していく必要があります。

まず、こむら返りは筋肉の動きがバランスを崩すことによって起こるものです。

筋肉が疲労したりして本来正常な動きをとれずに妙な形に働いてしまう事が問題となるわけです。

では、まず筋肉を常に正常に保つために必要な成分をしっかりと身体に取り込んでおかなければならないという事になってきます。

こむら返りの原因のひとつとされているのが栄養不足で、ミネラルが筋肉に必要な栄養分が不足してしまう事によって、かなり働きがおかしくなりえるわけです。

このような場面で身体を動かすには、タンパク質、鉄分、脂質等です。 これは人間にとって必要な栄養をまんべんなく摂取する必要があるのは確かですから、まずは食生活が偏っていないかというところに目を向けて生活習慣の改善をしていくのが大切でしょう。

スポーツ選手でもミネラル不足は起きやすいのです

オーバーワークをしてしまうとミネラル不足に

またこれらの栄養素の中にも、筋肉にとって最も重要な成分があります。

それがミネラルです。

ミネラルは体内に入ってから、筋肉に限らず、骨や身体中の組織を正常に働かせるという重要な役目を果たすものです。

しかしこの成分は体内で生成されるというわけではなく、外側から取り入れないとなりません。

その上、年齢を重ねるほどに減少していきます。

その為、年配の方には欠乏症として、身体の感覚機能が低下したり、貧血などの症状を起したりするなど骨や筋肉などに異常をきたすというケースが増えるわけです。

積極的に摂取するためにはやはりこのミネラルの栄養素の含有量を考えて、ここでは多く含んでいるものを多めに食べるというのが一番早いでしょう。

主にひじきやこんぶ、小魚などの海産物に含まれ、その他ではレバーやナッツ類、市販の牛乳などにも含まれています。

現代人の食生活には不足しがちな食べ物であり、意識していないとなかなか摂取できないものが多いのですが、欠乏症を防ぐためにも努力してしっかりと摂取しなければならないものです。

若い間でも、後々大変になるのを防ぐためにも積極的に摂取した方が、これはよいでしょう。

これが牛乳であれば、毎朝飲むなど簡単ですから、ミネラルが自分が取りやすいように工夫して生活に取り入れましょう。

ミネラルや鉄分をサプリメントで補給して予防しましょう

結局は場面に応じて対処方法を体験談の様にミネラルでケアしましょう

もちろん食生活を変えたからと言って突然その効果が表れてこむら返りも見違えるように解消されるというわけにはいきません。

どのような事でも身体の中から変化を起こすという事になればそれなりの時間が必要になります。

ですから食生活は改善して1年は継続して、ここから目に見えた効果が表れなくても根気強く続けるという事を肝に銘じておく必要があるでしょう。

食生活の改善にプラスして運動もミネラルは効果的です。

筋肉の組織が原因なのであれば軽い筋肉のトレーニングを通常よりも多めに取り入れてみるのもよいのではないでしょうか。

突然激しい運動をすれば、さらにこむら返りの原因を作ってしまう事になり兼ねませんから、ウォーキングなど手軽に出来るものから始める方がよいです。

短い距離からスタートして、ミネラルは身体が慣れてきたら少しずつ距離を増やしていくというやり方が一番です。

あまり急いで無理はせずに少しずつ努力をしていくという事が最も大切です。