栄養不足

三食食べていても栄養不足になる理由

偏った食事によって痙攣になる

一番の原因には栄養不足という可能性も考えられます。

足がつったり、こむら返りを起こしたりするときには、ふくらはぎの筋肉が緊張し、けいれんを起こしています。

これは筋肉の疲れなどによって起こるだけでなく、食生活の乱れも関係しています。

特にビタミンB1が不足することによって、起こしやすい状況を招いてしまいますので注意が必要です。

足がつってしまうときには、栄養不足が筋肉の疲労やミネラルビタミンの乱れ、冷えによる血行不良、病気など様々な原因が考えられます。

なかでもビタミンやミネラルバランスの乱れは大きな影響を与えます。

ビタミンB1は人間が生きていく上で必要な栄養素であり、不足することにより体の働きに大きな影響を与えます。

ミネラルバランスも大切ですが、ミネラルは汗や尿と一緒に排泄されたりするため、特に夏場は注意が必要です。

カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムなど、ミネラルのバランスが悪くなってしまうと、また筋肉がけいれんを起こしやすくなります。

意識して摂取することで、不快なけいれんを減らすことができるのであれば、意識して摂取したいほうが良いです。

栄養バランスのよい食事を意識することはもちろんですが、こうしてカルシウムやマグネシウム、ビタミンB1は意識して前向きに摂取するようにしましょう。

カルシウムは筋肉をスムーズに収縮させる役割がありますので、栄養不足することによって起きやすくなります。

コンビニやファーストフードなどでの栄養不足

必要な栄養素が全然足りていない状態

カルシウムは、乳製品や小魚などに多く含まれています。

カルシウムとあわせて摂取したいのがマグネシウムです。

栄養不足でマグネシウムもカルシウムと同じく、筋肉の収縮に大きな役割を果たしている栄養素です。

マグネシウムが多く含まれている食品は、豆腐や納豆、ひじき、アーモンドなどです。

カルシウムとあわせてマグネシウムもしっかりと栄養不足にならないように摂取しましょう。

注意が必要なのは、カルシウムの摂取が多くなりすぎるとマグネシウムの吸収が阻害されるという点です。

カルシウムとマグネシウムのバランスは2:1が良いとされていますので、これはバランスも意識して摂取するとこれはかなり良いです。

ビタミンB1は、栄養不足は糖質の代謝に使われたり、筋肉や神経を正常に働かせることに必要だったりするような栄養素です。

脳からの指令にも関わっていますし、人間の筋肉の働きにも関わっている栄養素であるため、こういったビタミンB1を十分に摂取することによって、かなりのこむら返りの予防になります。

運動不足と栄養の摂取のバランスを整える

自分の生活スタイルに合った栄養不足のないトレーニングを

また、ビタミンB1は、疲労の回復にも関わっています。

疲労物質である乳酸に働きかけて分解し、疲労の回復を促してくれます。

そのため、ビタミンB1が不足すると疲労の蓄積と神経・筋肉への影響など複数の原因を作ってしまうため、こむら返りを起こしやすくなってしまいます。

ビタミンB1は卵や豚肉、豆類、牛乳などに多く含まれていますので、こうして栄養不足を意識して摂取するようにしましょう。

頻繁に起こす方は、栄養が不足することによって起きている可能性が高いです。

食生活を見直して栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

また、足がつる時の予防に役立つ栄養素は、大量の汗などと共に失われてしまう物もありますので、栄養不足は状況に応じて補うことも心掛けると良いです。

運動をして汗をかいたり、夏など気温によって汗をかきやすい状況のときには多めの摂取を心掛けることも大切です。

ダイエットをされている方は、消費カロリーだけでなく栄養のほうも知らず知らずのうちに削っている場合も多くあります。

栄養不足にならないように食事の中身を考えるようにしましょう。

必要に応じてサプリメントなどを利用するのもオススメです。

そしてビタミンB1は糖質の代謝を助ける栄養素ですから、女性もダイエット中にも意識してサポートに摂取したほうがよい栄養素です。

不足しないように注意しましょう。