こむら返り

寝ている時にこむら返り足がつる原因は何ででしょう?

放置しておくと危険な状態です

運動中や睡眠中に突然足がつったなんて経験は誰しもお持ちだと思います。

中にはこうしたこむら返りが頻繁に起こって困っているなんて方もいらっしゃるかもしれません。

そもそもこの痛さは医学的に何故起こるのでしょうか。

まず筋肉が突然痙攣や異常な収縮を起こす状態が足がつった状態であり、多くの際に強烈な痛みを伴います。

しびれがある時もありますし、足がつった状態では筋肉が固くなることから動かすのも難しくなります。

その原因としては、筋肉の疲労、血行不良、ミネラルバランスの乱れ、栄養不足、病気などが考えられます。

つまり、こむら返りは運動中ですと特に足の動きが激しい運動をしている最中に起こりやすくなっていますが、これは激しい運動によって筋肉が疲労し、異常興奮が起こることが原因であると言われています。

またウォーキングやジョギングなどといったそれほど激しくない運動でも足がつることがありますが、こちらは日常的に使われていない筋肉を急に動かしたり、準備運動が不十分であることが関係している可能性が高いでしょう。

そしてこむら返りは睡眠中にも起こることがありますが、この場合も筋肉の疲労が関係していると考えられます。

疲労だけではないこむら返りしやすい体質

若い年齢でも頻繁につるなら

特別激しい運動をしていなくても、ちょっとした疲れが重なれば結果的には大きな疲労となりますので、それにより足がつる事があるのです。

さらに汗を大量にかいたり、嘔吐や下痢の後などといった脱水状態になっている時にもこむら返りが起こりやすくなります。

これは脱水状態になったこととにより、体内のミネラルバランスが崩れてしまった事が原因として考えられます。

ミネラルバランスの崩れは電解質異常と言われていますが、この電解質異常の状態に陥ることで筋肉が興奮し、それによって痙攣が起こるのです。

電解質は筋肉や神経が正常に働くようコントロールしており、具体的には血液中に存在するカリウムやナトリウム、マグネシウム、カルシウムなどといったミネラルイオンの事です。

ですからミネラルバランスが崩れると筋肉や神経の働きを上手く調整できなくなり、これは急に起こると言う事ですね。

妊娠中も足がつりやすいと言われていますが、この場合もマグネシウムやカルシウムの不足といったミネラルバランスが関係している際がありますし、それがここではお腹が大きくなる事で下半身が圧迫され、血行不良になることも大きな原因として考えられます。

またこむら返りが起きた際、共に手足がしびれたり、むくみや腰痛、喉の渇きなどといった症状も同時に起こったことはありませんか?

もしそのような症状があるのであれば、椎間板ヘルニアや糖尿病、腎不全、肝硬変などといった病気である可能性があります。

こむら返りは誰しも起こるもので、健康な方でも足がつることは十二分にあります。

しかし足がつる頻度の高い方や、上記のような他の症状が同時に起こる方などは、一度病院に行ってみた方が良いかもしれません。

ではこうしたこむら返りを起こさないよう、何か予防法はないのでしょうか。

ストレッチやマッサージでこむら返りをケア

寝る前に毎日運動する事

こむら返りは慢性化しやすいため、日頃からの予防が重要であると言えます。

まずはマッサージやストレッチがその一つです。

特に運動していなくても、普段の生活を送っているだけでも筋肉は疲労します。

そうした疲労を解消すべく、ふくらはぎをマッサージしたり、足や全身を伸ばす様なストレッチを日常的に行うようにしましょう。

また足の筋肉をランニングで鍛える事もおすすめです。

筋肉量が増える事で血流も改善されますし、それにより疲労回復効果も得られます。

効率的に筋肉を鍛える方法としてはスクワットがあり、こむら返りの原因によってどなたでもすぐに簡単に行う事が出来ます。

ただゆっくりとした動作でスクワットを行うと思っている以上に疲れますから、無理をし過ぎると逆に疲労が溜まる事になってしまいます。

1日100回程度を上限しておくと良いのではないでしょうか。

そして食生活を改善するというのも有効です。

ミネラルが不足すればミネラルバランスが崩れ、こむら返りが起こる事になりますから、ミネラルが十分に摂取できるような食事をするように心がけましょう。

もちろん栄養バランスが良い事は大前提です。

食事でこむら返りをしぬくい体を作る方法

すぐに直せる方法はあるのでしょうかト

ミネラルの中では、マグネシウムやカルシウムを特に積極的に摂取したいですね。

たとえば大豆製品やナッツ類、ひじき、乳製品、小魚などがおすすめです。

他にはタウリンやビタミンB1が不足する事でもこむら返りが起こると言われていますので、タコやイカ、貝などの魚介類、豆類、牛乳、卵、豚肉なども積極的に摂取するようにしてみて下さい。

食事のみでの摂取が難しい状況にはサプリメントを活用するのも良いでしょう。

普段から有酸素運動をされている方でも、運動をしている最中に足がつる状態がありますが、それを防ぐには運動をする前に前に十分なウォーミングアップやストレッチを行う事が重要です。

原因はしっかりと筋肉をほぐしてから運動を始める事で、足がつるのを防ぐ事ができます。

さらに運動が終わってすぐ、また帰宅後にも筋肉の疲労回復のためにマッサージやストレッチを行うようにすると良いでしょう。

入浴もこむら返りには効果的です。

また運動の際には水分補給をしてミネラルバランスが崩れるのを防ぐ事も大事ですが、スポーツドリンクには意外と沢山の糖分が含まれていますから、その点は注意して下さい。

では実際に足がつった際にはどうすれば良いのかというと、筋肉を伸ばすのが効果的です。

ふくらはぎがつった場合には筋肉を伸ばすべく脚を伸ばすわけですが、その際アキレス腱が伸びるように意識すると良いでしょう。

すねの方へつま先を引き上げた状態で8秒ほど数え、ゆっくりとつま先を戻します。

手でつま先を持って引き上げても構いません。

これを何度か繰り返すことで、痛みが和らいでくるでしょう。

こむら返りの治療薬というものもあり、市販もされていますから手軽に手に入れる事も可能で、たとえば漢方薬の芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)がそのひとつです。

病院では骨格筋を緩めるための筋弛緩薬が処方される時もありますし、湿布薬が出されるケースもあります。

ただ、一般的には市販薬を使う際は副作用が出る可能性もありますから、長期的に使用する事は控えた方が良いでしょう。